交換留学をおすすめしたい理由

今回は留学を考えている多くの人たちへ向けた記事となる。
海外留学の全体像をつかみたい人はぜひこの記事を読んでほしい。
英語学習で大切なのはStudyよりもPractice!②》 | 株式会社アチーブゴール
私は今年8月からアメリカへ留学予定。昨年度から今日にかけて着々と準備を進めてきたので参考にしてほしい。

海外留学の種類

留学仕方について、主に2つの方法がある。

私費留学と交換留学だ。既にそれぞれのメリットデメリットをまとめた記事は無限にあるので、今回は自分に基づく完全主観の意見を述べていこうと思う。

おすすめは交換留学

ご存知の通り交換留学は一定の英語力がないと参加が難しい。
私が参加するプログラムには英検2級から準1級の英語力がないと参加はできない。
一方で私費留学はお金を払えばだれでも参加できるのだが、本気で留学を成功させたいなら交換留学参加条件レベルになるまで勉強するべきではないかと思うんだ。
交換留学を敬遠する理由が英語力だとしたら、自分の勉強時間とやる気をもう一度見直してほしい。

交換留学のコスパは異常

最新版】お金持ち1000人の「本当に効いた!節約術ランキング」ベスト15発表 | ヨムーノ
自分は1年間のアメリカ留学プログラムに参加するんだけど、その費用は約160万。
決して簡単に出せる額ではないんだけど、ほかのプログラムと比較してみてほしい。この安さは段違いで安い。
友人がオーストラリアに2カ月半の留学に私費で行くんだけど、自分のほうが安上がりで済んでしまうんだ。期間は約5倍も長いのに。

授業料全額免除、ホストファミリーもボランティア

この安さの理由は国が補助してくれるから成り立つ。
交換留学の多くは国や州、学校が授業料を免除してくれることがある。理由は次の段落に書くので引き続き読んでいただきたい。
さらにホストファミリーはボランティアで受け入れてくれるところもあるので、宿代は実質無料といっても差し支えない。

そもそも”交換”って何?

teacher writing question mark on blackboard Stock Footage Video (100% Royalty-free) 1014817955 | Shutterstock
友達と話していて感じたんだけど、多くの人は自分の子供が留学した代わりにその家族は外国人留学生を受け入れなければいけないと思っている人が多い気がする。
残念ながらそれが不可能で交換留学をあきらめている人も多いと思うんだ。
しかし実際はそんなことはないのでよく調べてみてほしい。
例えば今回私が参加する交換留学は文化の交換という名目なので私の家族は外国人留学生を受け入れる必要はないんだ。
これを言ういまいちピンとくる人は少ないんだけど実際そういった留学団体もあるのでよく調べてみてほしいと思う。

強く希望すればなんとかなる

冒頭で英語力について辛口なことを書いたんだけど実際私も英検は4年前にうけた2級しか持っていないし、流暢に話せるわけではない。
留学について調べていくとELTiSっていう試験を耳にすると思うんだけどそんなに怖がらなくてもいい。
最初は点を取れなくても柔軟に対応してくれる留学団体も多くある。ELTiSの体験談も今度記事にしようと思う。

まとめ

いかがだっただろうか。
私が当初から交換留学を強く希望していたこともあり、かなり贔屓した記事になってしまったがほかの方の体験談も調べてみて自分にあう留学にしてほしい。
それでは良い海外体験を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました